脱毛サロンに民間資格で働く

即今、女性の転職は珍しくない時代、特に華やかな業界といえば美容業ですが、エステティシャンに転職したい方もいらっしゃるでしょう。女性が働きやすい環境であることも理由の一つになっているエステでは、主に美顔・痩身・ボディーケアー・脱毛・リフレクソロジーなどを行います。

しかし、日本では脱毛の歴史はまだ浅く、これといった資格がありません。つまり、脱毛サロンを開業するには、特に必要な資格などは必要ありません。開業資金が十分あるなら、店舗を借りて脱毛機器を導入すれば「脱毛専門サロン」を一人でも始められます。

只、日本エステティック協会や各団体が実施する認定する民間資格などがありますので、学校やスクールに通って技術や知識を習得するのがいいでしょう。その他に、直営店のあるスクールで学び、卒業後直営店スタッフとして働く・未経験者の受け入れがある会社、サロンに就職するなどの方法があります。

実際、多くの脱毛サロンでは研修や試験を行いながら、技術を学んでいきます。又、脱毛サロンは特に必要な資格などは必要ないといってもフラッシュ脱毛はエステサロンで行なえますが、レーザー脱毛を行なう場合、医師免許がないと行なえません。どんな脱毛サロンにしたいのか、それに合った方法を選ぶ必要があります。